【天候】曇り(肌寒い日)
【宿場】(18)江尻宿⇒(19)府中宿
【行程】歩行距離=12.18㎞ 総距離=181.03㎞
新清水・水神社前⇒(3.273㎞)⇒041草薙一里塚⇒(5.152㎞)⇒042長沼一里塚⇒(3.752㎞)⇒静岡・江川町交差点⇒(番外編)駿府城見学
【ルート図】
 ↓宿場(黒囲みが第11回旅の宿場)

02 11回宿場
 旧東海道の旅・進捗状況
 
(ピンク=今回の旅区間/黒線+ピンク=完歩区間 )
全体ルート(第11回)
 第11回の旅のルート
 (新清水・水神社前 ⇒ 静岡・江川待ち交差点)
第11回ルート
【旧東海道の旅】
《ホテル》
昨晩は、早い時間に就寝したのですが、4時頃からYumiさんのトイレ通い(認知症の徘徊行動と同じ)が始まり、トイレに行く間隔は約15~30分で、眠りたくてもベッドに横たわっているだけで、熟睡できません。
トイレに行く回数が多いのは本人も大変でしょうが、一緒に寝ているこちらもたまりません。
E=Yumiさん、なんとかならない?
Y=・・・・・が出るの
E=寝てられないよ
Y=ゴメンネ
そんな会話をしているうちに、セットした目覚ましが鳴りました。
5時50分、起床
目覚ましの音で起床し、まずYumiさんの旅支度を終わらせ、ほぼ終わりかけた頃から私の支度を始めました。
支度が終わってから持参した血圧計で、Yumiさんの血圧を測定すると少し高い(上が140台)数値でした。
その後、着替えた下着や靴下、髭剃りや化粧道具、血圧計などをザックに入れて荷造りを行い、7時前に食堂に行きました。
食堂に行くと数組の宿泊客が既に食事を始めており、私達の食事が用意された時には15人位の人に増えていました。
ホテルで提供された和食の朝食を食べ、部屋に戻ってトイレなどを済ませ、チェックアウトするとオーナーが写真のシャッターを押して下さり、昨晩からのお礼を云ってホテルを後にしました。
07時53分、ホテル出発
01 ホテル(リバーサイドイン玉川)
出発する前に、オーナーから旧街道は、水神社からの川沿いの道ではなく、銀座通りだということと、江尻宿東本陣の場所を教えて下さいました。
《移動》
出発直前にホテルのオーナーから旧街道の道を教えて頂いた道が私が思っていた道と違うのですが、出発地は変更したくなかったので、昨日到着した水神社の前で出発式を行いました。
【=旅=】
07時58分、水神社前(出発地)
02 新清水・水神社前(出発地)
出発地はオーナーに教えて頂いた場所ではありませんでしたが、旅の道はオーナーに教えて頂いた道を歩くことにし、水神社から約90m戻り、銀座通りの交差点に戻りました。
07時59分 銀座通り交差点
03-① 新清水・銀座通り入口
日曜日の早朝で、街路は閑散としており、道の真ん中で写真を撮ることができました。
銀座通りを約110m歩くとスナックエマルジョン前に、江尻宿のスタンプ台がありインクも使用できる状態でしたので、記念に押印しました。
08時02分、江尻宿街道スタンプ台(右側?)
04 江尻宿・スタンプBOX
 ※東(寺尾)本陣跡
銀座通りの途中に東(寺尾)本陣跡があると出発前にオーナーから教えられ、また案内地図にも記されていたのですが、史跡を見付けることができなかったのですが(付近を2往復して探しました)、ここで時間を費やすわけに行かないので、諦めて先に進みました。
※H26.09.12 再訪=寺尾本陣跡を確認
細井乃松原から移動の時、寺尾本陣のことを思い出し、急遽歩き旅の時に宿泊したホテルに立ち寄り、オーナーの方に場所をもう一度教えて頂き本陣跡を探しに行きました。
本陣跡のある場所は、一方通行のため稚児橋を渡る手前を左折して柳橋方向に走ると、柳橋の少し手前の川沿いのブロック塀に本陣跡のパネルが埋め込まれていました。
※歩き旅の時は、巴川に架かる柳橋の手前を右折して10~20m先の左側(ブロック塀)。
108 江尻宿・寺尾本陣跡
スタンプ台から約280m(銀座通り二つ目の信号)歩くと五差路となり、ここを左折して巴川に架かる稚児橋を渡ります。
08時10分、稚児橋(左側)
06-② 稚児橋・河童像
稚児橋には、銀座通り側の橋柱に男の河童像、渡った側の橋柱に女の河童像が、橋の中央に河童のモニュメントが飾ってありました。
また、橋を渡った左側には、河童の腰掛け石碑が建っていました。
08時14分、河童の腰掛け石(左側)
07-① 河童のこしかけ石
河童の腰掛け石から約190m先(信号二つ目の交差点)を右方向に進み、さらに交差点から約180m歩いた右側の岩崎麹店の前に東木戸跡があり、石碑が建っていました。
また、交差点を過ぎた左側に「東木戸跡まで100m」の案内板が掲げられていました。
ただ、私は最初、この石碑を見つけることが出来ず、少し先まで行ったところで場所を聞くと、50~60m戻った辺りと教えられて戻り確認しました。
08時21分、東木戸跡碑(右側)
08 江尻宿・木戸跡
木戸跡から約650m(県道197号を横切る)歩くと、左側に赤い暖簾と赤いシャッターの「追分羊羹」本店があり、店舗手前の左角に追分道標が建っていました。
08時29分、追分道標(左側)
09 追分道標
08時30分、追分羊羹本店(左側)
10 追分ようかん本店
追分羊羹本店は、定休日(日曜日)でしたが、開店日でも時間が早くて買えませんでした。
寒い日でしたが、Yumiさんを見ると汗をかいていたので、
E=汗をかいているからこれを(チョッキ)を脱いで
Y=寒いのよ
と、いつものごとく不満の声が出ましたが、汗をかいているので、「寒くなったらまた着るから」と話し納得してもらいました。
また、毛の帽子も暑いようなので、私の野球帽をかぶってもらいましたが、こちらは
E=良く似合うよ
Y=似合う?
E=大丈夫
と、ニコニコ顔で被ってくれました。
認知症患者を相手にするのは大変です。
さて、追分羊羹本店から約350m歩くと橋があり、その手前左側に追分碑が建っていました。
08時38分、追分碑(左側)
11-① 追分碑
橋から約130m先の東海道線と静鉄清水線を潜って通る工事中の道路を右に見ながら、この辺りの情景も少しすると変わるんだろうなと思いながら歩くと東海道線の踏切があり、踏切を渡って約400m歩くと右側にセブンイレブンがありペットボトルを買いました。
そして、コンビニから約90m歩くと、左側に上原堤の池があり立ち寄りました。
08時52分、上原堤(左側)
12-② 上原堤
池は、周回できるようになっており、散歩している人もいました。
私達が立ち寄った時、「この池でボートに乗り、隣りに遊園地(現在はイオンになっている)があって遊んだよ」と、何十年か振りに訪れて、昔を懐かしく思い出しながら歩いている人に出会いました。
私も子供の頃、カブト虫やクワガタ虫を採りに行った林が武者小路実篤の大きな家が出来て採れなくなったことや、白百合女子大学が出来る前にあった津村薬草園など、昔懐かしく思う場所が幾つかありますが、「この方もきっと自分の中に残る情景を思い出されているんだろうな」と、思いながら別れました。
上原堤から街道に戻ると直ぐに右側に静鉄清水線の狐ケ島駅があり、駅入口から約350m歩くと左側に上原地蔵堂がありました。

08時58分、上原子安地蔵堂(左側)
13-① 上原子安地蔵堂
地蔵堂から240m歩くと、清水有度第一小学校があり、学校の脇で休憩することにしました。
9時03分~9時07分、休憩
清水有度第一小では、100人以上の人が集まって防災訓練が行われており、それを眺めながら休憩することにし、水補給と昨日買ったたまご餅を食べました。
休憩を終わり約240m歩くと県道407号に合流し、さらに約130m先に日本橋から41番目の一里塚跡(草薙一里塚)があるとのことのでしたが、見落としてしまい「草薙一里山」バス停を一里塚の代わりにしました。
09時13分、041草薙一里塚跡(右側)
14-① 草薙一里塚(バス停を代用)
※H26.09.12 再訪=041草薙一里塚跡
清水銀行草薙支店の敷地内の道路沿いに一里塚跡の石碑が建っていました。
109 草薙一里塚跡
そして、一里塚跡碑の手前に「狸八相縁起」の狸像が建っていました。
 
※狸八相縁起
111 狸八相縁起像
一里塚跡から約900m歩くとスーパーシズテツの駐車場の前に、草薙神社のコンクリート造りの大鳥居が建っていました。
私は、地図に書き込んだ付近にもあると思い写真を撮らなかったのですが、地図に書き込んだ辺りにはなく撮っておけば良かったと思いましたが、後の祭りでした。残念!!
※H26.09.12 再訪=草薙神社大鳥居(左側)
112 草薙神社・鳥居
09時25分、草薙駅前
旧街道は、草薙駅前信号を左折し、約50m先の最初の小さな十字路を右折します。
右折すると住宅地となりましたが、両側には造園屋さんが連なっており、その中の一軒の庭先に「ダイコン」が干してありました。
 
※民家のダイコン干し(右側)
15 大根干し(県立美術館近く)
昔は良く見た風景ですが、最近はほとんど目にすることはなく、住んでいるところではまったく見ることはなくなったので、記録に残すことにしました。
ダイコン干しの家から約50mで、静鉄清水線「県立美術館前駅」からの道があり、そのまま横切って約100m歩くと左側に東光寺がありました。
09時38分、東光寺(左側)
16 東光禅寺・山門
境内に大きな石のテーブルとベンチがあるので、休憩も考えて立ち寄りましたが、逆に風邪を引きそうな寒さだったので、境内を見ただけで失礼しました。
そして、東名高速の下をくぐり、タクシー会社を左に見ながら右折し、県道407号を渡った先に県総合運動場駅がありました。
出発してからトイレに行っていないので、駅のトイレを借りようと線路を渡って駅に行くと、無人の自動改札の出入り口のため、また線路を渡り直して街道に戻り、戻った側から右折して50mほど行くと、切符売り場のある駅舎があり、トイレもあったのでお借りしました。
※要は最初から踏切手前の切符売り場に行ってトイレを借りれば良かったのです。
話しを戻して、駅舎から約200m歩くと、東海道線を地下道で潜るのですが、地下道に入る手前に記念碑が建っていました。
10時00分、旧東海道記念碑(右側)
17-② 旧東海道記念碑
写真を撮り終わると、Yumiさんが右足のくるぶし付近が痛いと云うので見てみると、平坦な舗装道路をトレッキングシューズで歩いていたため、足首を保護するカバーが当たるようです。
赤くなった部分に薬を塗り、ガーゼを当ててテープで止める処置を施しました。
道はここから東海道線を地下道で潜るのですが、線路の下の部分で車が交差出来るようになっているのですが、鉢合わせしないように侵入する時から警笛を鳴らしながら通っています。
 ※東海道線の地下通路(車も走る)
18 東海道線地下通路
私とYumiさんが歩いた時も、前からも、後ろからも警笛を鳴らしながら走っていました。
地下道を出たところで地図を確認し、線路に沿って戻る感じで街道は続いています。
Yumiさんは、処置を施して歩き始めましたが、まだ痛むということなので、地下道から出た処で再度処置しました。
10時28分、静鉄清水線古庄駅前(古庄交差点
国道1号線古庄交差点を左に進み、次の長沼交差点を斜め右に進むと右側に久應寺があり、その先に一里塚があります。
草薙一里塚を見落としているので、注意深く左右を探しながら歩いていると、街道右側のごみ集積所になっているところに、日本橋から42番目の一里塚跡があり石碑が建っていました。

10時38分、042長沼一里塚跡(左側)
19-① 長沼一里塚跡
注意深く歩かないと、石碑が小さいので見落としてしまいそうです。
長沼駅を渡ったところに玩具メーカーのバンダイの工場があり、ガンタ゜ムの人形が飾ってあるとのことでしたが、子供もいないので立ち寄ることなく通過しました。
静鉄線の脇を並行して歩き、国道1号線に出たところで、手元に用意した地図の旧街道を歩けないことを知りました。
旧街道と示された場所にはショッピングセンターが建っており、国道に出てくる道もなくなっていました。
そのため国道1号線をそのまま歩き、柚木交差点に行きました。
柚木交差点を左折し、JR東海道線のガードを潜った先の階段を上り、跨線橋を渡って50m程歩いた右側に道標が建っていました。
10時58分、曲金・東海道道標(右側)
20 東海道道標・曲金
道は、曲金交差点で左に沿って進み東海道線をくぐって、また国道1号線に出ました。
東海道線をくぐる道は、狭いのに自転車がスピードをあげて走ってくるので危険です。
国道一号線春日一丁目交差点の角に碑が建っていました。
11時08分、見附跡碑(右側)
21-① 府中宿・東見付跡
ここから伝馬町通りに入り、今日の到着地まで一本道です。
横田町東交差点、つつじ通りを通り過ぎた先の左のホテルアーバンイン静岡を目印に歩きました。
伝馬町通りの歩道には、東海道をモチーフにしたタイルが埋め込まれていました。
 ※府中宿・東海道モチーフタイル(左側の歩道)
22 府中宿・タイル画
11時24分、華陽院(右の木は家康お手植えのミカンの木)=右側
23-① 華陽院
ホテルの先を右に入った線路沿いに、徳川家康の祖父の後妻だった人が祭られている寺院がありましたが、入口が分からず、結局寺院を一周してから境内に入りました。
そして寺院から元のホテル前に戻り、道標の前でパチリ。
11時29分、久能山東照宮道碑(左側)
24-① 久能山東照宮道道標
久能山東照宮道碑の先に本陣碑が道路の右と左に建っており、車の往来を確認しながら道路を行ったり、来たりと横切りましたが、意味の分からないYumiさんは、私に云われて必死に動いていました。
11時34分、下伝馬本陣・脇本陣碑(左側)
25-① 下伝馬本陣・脇本陣跡
11時36分、上伝馬本陣・脇本陣碑(右側)

26-① 上伝馬本陣・脇本陣跡
そして、上天馬本陣・脇本陣跡碑の少し先のビルの前に、西郷隆盛と山岡鉄舟が会見した跡碑が建っていました。
11時39分、西郷・山岡会見之史蹟(右側)
27-① 西郷・山岡会見之史跡
そして、碑の目と鼻の先が、今日の到着地の江川町交差点です。
29 江川町碑
江川町交差点は、地下道で繋がっているため、次回のことも考えてNTTビルの角で到着式(撮影)を行うため、出口の方向を記憶して、到着式(パネルを持っての撮影)を行う出口に向かいました。
11時45分、静岡・江川町交差点着(到着地)
28-① 静岡駅・江川町交差点(到着地)
【散策=駿府城公園】

《昼食》
初めての街で、どこに何があるのか分からないので、人の沢山いる方に地下道で行こうする途中で、チラシを配っていた人に飲食店のある方角を聞き、昼食を食べに行きました。
居酒屋が連なっている辺りで、入りやすい雰囲気の店に入りました。
昼時でしたが、待つことなくテーブルに付き、注文しました。
料理は、勤め先の外食で食べ馴れているものと同じでした。
《駿府城公園》
天気は曇り空で、寒気の影響なのか底冷えする寒さの中、昼食を食べた店舗を出て地下道を横切り、公園側に出ました。
公園に向かう人通りはほとんどなく、城代橋を渡って東御門から公園に入りました。
 
※城代橋
01-① 城代橋
 ※駿府城(巽櫓)
02-① 駿府城・巽櫓
 ※東御門

03-② 東御門
公園の中は、城の跡地を平坦にしただけで、史跡はほとんどない公園でした。
 ※公園石碑
04 駿府城公園碑
途中で、色付いた紅葉と銀杏を背景に写真を撮り、トイレに寄って城外に出る処まで戻ってきました。
 
※公園内の紅葉
05-① 公園の紅葉
城外に出る東御門まで来て、旅に使った地図や資料を綴ったバインダーがないこと気付き、トイレに走って戻りました。
Yumiさんも一生懸命に私に付いて走ってきました。
幸いにもトイレの手洗いの棚に置き忘れており、「あった!!」とホッとして手に取りYumiさんの処に戻りました。
再びトイレに戻ってきたので、先ほどと同じ道を歩いてもつまらないと、別の道を歩いて公園内を一周しました。

06-① 二の丸水路
公園には、天守閣跡のパネルが建っていただけで、他には観るものはありませんでした。
 
※天守閣跡碑
07 天守閣跡
 ※静岡県庁・正面玄関
08 静岡県庁正面玄関
【帰路】
到着地付近は、横断歩道がなく地下道で繋がっており、静岡駅までも地下道を歩いて行きましたが、初めての道で次回の出発地点になるため、曲がり角などをメモしました。
また、新幹線の改札を一度通ったのですが、乗ろうと考えている列車の時刻まで約20分あるので、改札口に戻り自由席から指定席への変更可否を確認すると出来るとのことなので、みどりの窓口で差額を支払って指定席に変更してもらいました。
そして、新幹線ホームのベンチでザックの荷物を整え、残っていたたまご餅を食べ少しの間、ゆっくりと寛ぎました。
13時37分、静岡駅発
30-① 静岡駅ホーム
新幹線は70%ぐらいの乗車率で、さほど混雑している感じはしませんでした。
31 新幹線・車内
下車駅の新横浜まで45分と短い時間でしたが、少し寝ることができました。
新横浜で降り、横浜線に乗り換えコトコトと八王子に向かいました。
15時21分、中央線八王子駅発
中央線に乗り換え、最寄り駅に帰ってきました。
最寄り駅から家に帰る途中、スーパーに立ち寄って夕食の食材を買ってから帰りました。
【次回の予定】
《次回に向けて》
〔Yumiさんの靴〕
Yumiさんは、トレッキングシューズで歩きましたが、平坦な舗装路の歩き旅だったため、足のくるぶし辺りが擦れてしまい旅の途中で2回手当てをしました。
また、靴下を二重履きしたのですが、前回水膨れした反対側の足裏の皮が剥けてしまいました。
そのため、靴はウォーキングシューズ、靴下は厚手のものを一枚にしようと思います。
〔史跡〕

HPで史跡の場所を確認して地図に書き込んでいるのですが、場所が違っていたりするので、自治体から頂いた資料をもっと活用しようと思います。
特に、史跡を探すのはYumiさんが当てにならないので、私一人で行わなければなりません。
地図に書き込んだ手前から左右をキョロキョロするのですが、見付けられないことが多々あります。
そのため、道路のどちら側にあるのか、どの辺りにあるのかは、史跡に出会う重要な情報なので、きちんと調べようと思います。
《旅の予定》
次回は、年明けの平成25年1月12日(土)に第12回の旅で「静岡駅・江川町交差点・・・藤枝・岡部支所前交差点」までの13.97㎞を旅します。
この旅では安倍川餅老舗の石部屋、安倍川橋の渡り、鞠子でとろろ汁の老舗の丁子屋、宇津ノ谷峠手前の御羽織屋(陣羽織や十団子)など、時代を味わえる場所が沢山あるので、老舗で食べたり、景色を眺めたり、史跡を見学できるので楽しみです。
また、旅は到着地近くの民宿旅館に宿泊し、翌13日(日)も島田駅・本通り2丁目交差点まで歩く一泊二日で行う予定です。

応援メールやブログのコメント(返信をご希望の場合)は、以下のメールをご利用下さい。
  専用メール  
eiyumitokaido@yahoo.co.jp

【街道旅-】 旧甲州道中旅
H26.09.15に日本橋を出発しましたが、相方のYumiさんが山行途中の転倒による足首の骨折を契機に歩行困難となり、第3回の旅から私一人で旅を再開しました。
そして、第8回の旅からMさんと男二人旅となり、H28.05.30に下諏訪・中仙道合流点に到着しました。旅紀行は、以下のURLでご覧頂けます。
  http://eiyumi-koushukaido.blog.jp/  


【街道旅-Ⅲ】 旧中山道二人旅

H28.09.17に日本橋を甲州道中を一緒に歩いたMさんと二人で出発しました。

今年、災難を乗り越えて生きてきた人生の節目の古希(満69才)を迎え、その記念として旧中山道の旅に出発します。

旅は日本橋を出発し、京都・山科追分で京街道に入って東海道57宿の4宿を歩き、大坂・高麗橋にゴールする予定です。

旅紀行は、以下のURLでご覧いただけます。

  http://eiyumi-nakasendo.blog.jp/