今日、私達の山の師匠であり、旧東海道夫婦二人旅のきっかけを作って下さったNさんが、お江戸日本橋に到着しました。
【日本橋で待機】
11時過ぎ、地下鉄日本橋駅に着き、ゴールの日本橋に向かいました。
Nさんは大阪に単身赴任中のバリバリの現役で、仕事の関係などで山の会が計画した日に参加出来ない時もあり、他の日に一人で抜け落ちた区間を旅するなど、苦労して今日を迎えました。
今日は雨の心配がない晴天で、気持ち良く日本橋にゴールできることになり、本当に良かったと思いました。
地下鉄に乗っているとNさんから「今、泉岳寺いて、少し遅れぎみ」とメール連絡があり、日本橋に到着するまで時間があるので、自分たちが日本橋を出発する時に記録に残せなかった日本橋の親柱、史跡、東京市の道路元標碑、日本橋魚河岸跡碑などの写真を撮り、しばらく道路元標の近くで待つことにしました。
Yumiさんは、エベレストでも寒さを感じないという下着上下を着せてきたので、顔に当たる部分は寒いといいますが、体が寒いとはいいません。
寒さ対策バッチリで、出迎えることになりました。
 ↓日本橋全景(コレド日本橋側)
001 日本橋
 ↓日本橋碑
004 日本橋の史跡
 ↓東京市道路元標
007 東京市道路元標
 ↓日本橋魚河岸跡
010 日本橋魚河岸跡
天気は良いのですが、日陰になると北風が当たると寒く感じるので、Nさんが到着するまで目の前の三越本店入口脇の待合い室の椅子に座って待つことにしました。
待合い室からNさんに、「東京駅付近に来たら連絡下さい」とメールで連絡し、のんびり座って外を歩く人を眺めていました。
12時20分
Nさんからメールで、「銀座一丁目を過ぎ、最後の直線に入った。オレンジ色のパーカーを着て、先頭を歩く。右側の予定」と連絡があり、Yumiさんに「行くよ」と声を掛け、日本橋に行きました。
最初は橋を渡ったてきたところで待とうかと思いましたが、やはり橋の先端の方が良いだろうと考え、日本橋交差点に近い側に移動して待つことにしました。
進行右側は日陰で、北風が冷たく顔に当たり、少しでも風を避けながらNさんの到着を待ちました。
また、橋のたもとで待っていたのですが、直ぐ脇では「日本橋クルーズ(遊覧船による川巡り)」(料金=@1,500円)の乗客集めをしていました。
【お江戸日本橋に到着】
12時38分
ゴールの日本橋手前の交差点に、Nさんの姿を発見(白丸印)。
013 長島さん①
Nさんの後から同行の山の会の方々が、続々と歩いてくるのが見えました。
日本橋の手前の横断歩道を渡り、Nさんがやってきました。
014 到着直前
 ↓旅の到着のVサイン
015 到着Vサイン
12時40分、日本橋に到着(東下り完歩)
016 到着の証
 ↓Yumiさんと記念写真
017 Yumiさんと記念写真
到着した時に何か記念になるものをと考えていた時、ケアマネージャーから「出発と到着で使っている看板を作った方がいい」と勧められ、 旧東海道完歩 日本橋 平成26年1月13日」と記した看板を作り持参しました(写真の写りが悪くてすいません)。
Nさんと記念の写真を撮っていると、同行の山の会の方々がぞくぞくと到着し、Nさんとゆっくり写真を撮っている暇がなくなりました。
どこに集まるかというになり、道路反対側の日本橋碑側が良いのではないかと助言し、道路を渡り日本橋碑の脇に集まり、到着セレモニーの集合写真を私がカメラマンになって撮りました。
すると、山の会の方々から持参したデジカメを次々に渡され、思い出になる到着の集合写真を記念にするため、私が代行してシャッターを押しまくりました。
山の会の方々はこの後、祝賀の食事を予約してあるので三越側の方に歩き出し、私とYumiさんもNさんと別れて昼食に向かいました。
私は歩く方向は逆ですが、同じ東海道を旅しているので、同じ旅の苦労をされてきた方々をとても近くに親しみを感じて出会うことができました。
《締め括り》
Nさん、お疲れ様でした。
大阪在勤中に旅を完結することができ、よかったですね。
人生の良い思い出とし、一緒に旅をした仲間を大切にして下さい。
旧東海道東下り完歩、心からお祝い申し上げます。

※看板
東海道夫婦二人旅の出発・到着式で使う看板のゴール版
17日に私とYumiさんが京都・三条大橋に到着した時に、Nさんが日本橋に到着した時と同じようにしようと考え出発・到着式の時に使っていた看板のゴール版にしました。

お問い合わせやブログのコメント(返信をご希望の場合)は、以下のメールアドレスをコピーしてお使い下さい。
  (専用メール)  
eiyumitokaido@yahoo.co.jp

【街道旅-】 旧甲州道夫婦二人旅
H26.09.15に日本橋を出発しましたが、相方のYumiさんが山行途中の転倒による足首の骨折を契機に歩行困難となり、第3回の旅から私一人で旅を再開しました。
そして、第8回の旅からMさんと男二人旅となり、H28.05.30に下諏訪・中仙道合流点に到着しました。旅紀行は、以下のURLでご覧頂けます。
  http://eiyumi-koushukaido.blog.jp/

【街道旅-Ⅲ】 旧中山道二人旅

H28.09.17に日本橋を甲州道中を一緒に歩いたMさんと二人で出発しました。

今年、災難を乗り越えて生きてきた人生の節目の古希(満69才)を迎え、その記念として旧中山道の旅に出発します。

旅は日本橋を出発し、京都・山科追分で京街道に入って東海道57宿の4宿を歩き、大坂・高麗橋にゴールする予定です。

旅紀行は、以下のURLでご覧いただけます。

  http://eiyumi-nakasendo.blog.jp/