旧東海道を歩くことは、4月に結婚40周年を迎えるのにあたり、何か思い出に残ることをしたいと考えていた矢先、山歩きで常に相談しているN氏から、「今度、旧東海道の東下りに参加することになった」と伝えられたことが引き金となり、Yumiさんと二人で歩くことを決めました。
そして、旅の途中、東海道の何処かでNさんと私達がすれ違えたら「素晴らしいな」と夢も描きました。

私は今年(H24)65才を迎え来年(H25)の3月31日で、長きに及んだサラリーマン生活を終え、自遊人の年金生活に入ります。
相方のYumiさんは、私より少し年下で、着物着付けをこよなく愛する、心の優しい、穏やかな女性です。
そのYumiさんは、4年前の平成19年11月に乳がんの手術を受け、抗がん剤の治療を受けている最中の平成20年12月に「認知症」と診断され、病名を云われないまま2年を経過しました。
そして、平成23年1月に受診した病院(3ケ所目)で、「意味性認知症」と診断され病名が確定し、平成23年2月に介護認定調査を受け、平成24年6月現在は「要介護2」です。
※追記=その後のYumiさん
平成27年1月の区分変更認定調査で要介護4となり、平成27年4月に階段で転倒し頭蓋骨骨折で入院したのを契機に、歩行困難となり要介護が5になりました。
幸運にも平成27年6月に第一希望として考えていた特別養護老人ホームに入所することができ、在宅介護だったYumiさんの介護を専門家に委ねることになりました。
また、意味性認知症が含まれる前頭側頭葉変性症が平成27年7月に難病指定となり、医療費助成(医療費が2割負担)を受けられるよう申請し、東京都から認定証の交付を受けました。
★意味性認知症
「前頭側頭葉変性症の中の1つで、症状は言葉や物の意味語議がわからなくなる意味記憶障害で、話していることがちぐはぐになり会話がうまくできなくなります。
進行すると、前頭側頭型認知症と同じような精神行動障害(無為や常同行動、脱抑制など)が目立つようになり、日常生活をする上で支障をきたすようになります」
《解説情報》 以下のアドレスをクリックするとご覧になれます
・前頭側頭葉変性症 つくしの会 カテゴリー「病症情報」・・・私が会長を務める介護者団体です
  http://yamatosakura2016.blog.fc2.com/

【街道旅】
東海道の旧道を歩くといっても、全く知識がありません。

しかし、自力で資料を収集して完歩するところに今回の目的があるので、インターネットなどで資料の収集を始めました。
旧東海道のルートは、Uソリューションズが作成した「5街道 Googliマップ 東海道編」と「東海道一里塚」。
日本橋から箱根峠は、国交省東京国道事務所と横浜国道事務所が作成した地図を基本に、先人の方々が苦労して集められたHP情報を組み合わせて収集することにしました。

そして、箱根峠から先は旧東海道が通っている自治体に、旧東海道に関する資料の提供をお願いすることにしました。
また、旅は歩くだけではなく面白くないので、先人が残して下さっているHP情報を使わせて頂くことにしました。
さて、Nさんが参加している京都・三条大橋を出発する東下りは、既に1月から始まっているため、私もなるべく早く出発しなければなりません。
ところが、一日の歩く距離、全体の行程をどうするか等、いろいろと考えなければならないことが多々あり、計画は一進一退を繰り返し、なかなか全体の工程が決まりません。
そこで、3月11日に日本橋を出発、再来年1月に三条大橋に到着することを目標に定め準備を始めました。
《旅の基本的な考え方》
・加入している山の会の低山ハイキングや、ウォーキングに参加しながら歩く。
・三島までは日帰り、そこから先は1泊2日、または2泊3日で歩く。
・7月と8月は、体力の負担を考えお休みする。
・前日の午後5時発表の日本気象協会予報で、降雨確率が40%以上の時は予約ホテルの対応により順延する。
これらを基本に詳細な計画を立てていくことにしましたが、夫婦二人の気ままな旅なので、準備に汗を流しますが、他の人に気兼ねすることなく自由に計画を変更して、無理なく、楽しい旅をしたいと思います。
皆さん、ご支援程よろしくお願いします。

さあ、京・三条大橋を目指して、出発です。

【街道旅のご案内】
※【街道旅ーⅡ】 旧甲州道中夫婦二人旅
H26.09.15に日本橋を出発しましたが、相方のYumiさんが山行途中の転倒による足首の骨折を契機に歩行困難となり、第3回の旅から私一人で旅を再開しました。
そして、第8回の旅からMさんと男二人旅となり、H28.05.30に下諏訪・中仙道合流点に到着しました。旅紀行は、以下のURLでご覧頂けます。
  http://eiyumi-koushukaido.blog.jp/

【街道旅-Ⅲ】 旧中山道二人旅

H28.09.17に日本橋を甲州道中を一緒に歩いたMさんと二人で出発しました。

今年、災難を乗り越えて生きてきた人生の節目の古希(満69才)を迎え、その記念として旧中山道の旅に出発します。

旅は日本橋を出発し、京都・山科追分で京街道に入って東海道57宿の4宿を歩き、大坂・高麗橋にゴールする予定です。

旅紀行は、以下のURLでご覧いただけます。

  http://eiyumi-nakasendo.blog.jp/archives/5293030.html